赤ちゃんが授かりにくいと感じたら病院で不妊治療を行いましょう

医者

もっとも自然な妊娠法

doctor

排卵誘発剤とは、卵子が卵巣から排出されるのを促進する効果を与えてくれる薬の事をいい、不妊治療に使われる薬です。このくすりは排卵がない女性に使用するものとされていたのですが、正常に排卵している女性でも使用する事で妊娠の効果がある事がわかってきました。この事から、なかなか妊娠ができなくて困っているカップルに対して排卵誘発剤を使用する事で、妊娠率を上げる事ができます。ほとんどのカップルは原因がはっきりとした不妊症と診断される事がありますので、その場合は原因に合った不妊治療を行います。不妊治療を受ける場合にほとんどのカップルはタイミング法を行います。これは、どちらかが不妊症の場合に使用される方法になります。中には、どちらも不妊症ではないごく普通の体質にも関わらず、原因が分からない不妊症と診断される事もあるのです。そういった、原因の分からない不妊症のカップルに使用される治療方法が、排卵誘発剤になります。排卵誘発剤を使用するといっても、最初は薬を使わずに検査を行なってもっとも排卵状態が良い日に夫婦生活を行なってもらえます。それから、少しでも赤ちゃんを授かりやすくするために排卵誘発剤を使用します。
赤ちゃんを授かりたいけれど、なかなか上手く行かなくて悩んでいるカップルはたくさんいます。そういったカップルのほとんどが不妊症の疑いがあります。1年以上夫婦生活を送っているにも関わらず、赤ちゃんを授かる様子がみられない場合は不妊症と診断される事があります。気になると感じたら、一度病院にある産婦人科で診察を受けてみましょう。